ADHDの診断方法【診断基準】

解説

ADHDは精神(脳)の疾患であり、一見は健常者と変わりないため診断が容易ではありません。
MRIなどの臨床検査でも異常がみられないことが多く、ADHDであると明確に示す検査は今のところありません。

では、実際の医療の現場では、どのようにADHDを診断しているのでしょうか。具体的な診断基準も含めて見ていきましょう。

ADHDの診断基準

ADHDの診断に関して、アメリカの精神医学会が作成したDSM-5という診断基準が国際的な診断基準になっています。

DSM-5をかなり要約したものが以下になります。

<DSM-5によるADHDの診断基準(要約版)>

  • 不注意多動性衝動性の症状(6ヶ月以上継続)によって、機能または発達の妨げとなっていること
  • これらの症状のうちいくつかが、12歳になる前から存在していたこと
  • これらの症状のうちいくつかが、2つ以上の状況(家庭、学校、職場など)において存在すること
  • これらの症状が、社会的・学業的・職業的機能を損なわせている、または低下させているという明確な証拠があること
  • その症状は、他の精神疾患ではうまく説明されないこと

上記の診断基準はかなり要約したもので、実際の診断基準はより詳細・具体的な内容になっています。
正確には以下のページの実際の診断基準を参照してください。

注意欠如・多動性障害 - 脳科学辞典

ADHDの診断基準の特徴

ADHDの診断基準の特徴として、児童期以前にはっきりとした症状があったことがポイントとなります。例えば、通知表に「落ち着きがない」などと記入されていれば、ADHDの可能性を示す重要な資料となります。
教師という他人の目から見た本人の行動上の評価は、参考になることが多いためです。

ADHDの診断をする上で参考となる児童期の行動上の特徴には例えば以下のものがあります。

  • ノートの使い方や字の書き方がやや乱雑
  • 突飛なことをしたり、ふざけすぎる面がみられる
  • 学習態度がよくない
  • はっきりとものを言う、自己主張が多い
  • あわてんぼう、おっちょこちょい
  • うっかりミス、ちょっとした惜しいミスが目立つ
  • 提出物の期限が遅れる

現在のところ、ADHDをはっきりと診断できる臨床検査が存在しないため、ADHDの診断にあたっては、症状と経過についての詳細な情報が必要になります。

WISCやWAISなどの知能検査で一定の傾向をつかむことはできますが、あくまでも補助的なツールにすぎません。

また、まれにいくつかの臨床検査やCT・MRIなどの画像検査において異常所見がみられることがありますが、大部分のケースでは正常範囲にあるものが多いです。

ADHDのセルフチェック

大人のADHDの症状の評価スケール(尺度)として、自己記入式のチェックリストがよく用いられます。
チェックリストで直ちにADHDの診断がつくわけではありませんが、診断のための補助的なツールとして利用されています。

チェックリストにはいくつか種類がありますが、例として、ASRS-v1.1による成人ADHDの症状チェックリストを以下に示します。

<成人期ADHDのセルフチェックリスト(ASRS-v1.1にもとづく)>

  1. 物事を行なうにあたって、難所は乗り越えたのに、詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことが、「時々」以上の頻度である
  2. 計画性を要する作業を行なう際に、作業を順序だてるのが困難だったことが、「時々」以上の頻度である
  3. 約束や、しなければならない用事を忘れたことが、「時々」以上の頻度である
  4. じっくりと考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、遅らせたりすることが、「頻繁」または「非常に頻繁」にある
  5. 長時間座っていなければならない時に、手足をそわそわと動かしたり、もぞもぞしたりすることが、「頻繁」または「非常に頻繁」にある
  6. まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、何かせずにいられなくなることが、「頻繁」または「非常に頻繁」にある

4つ以上に当てはまる場合、ADHDの症状を持っている可能性があるため、医療機関において詳しい診察が必要です。

ADHDを疑ったらまずは医療機関へ

もしかして自分はADHDかも…と考えたら、まずは医療機関へ相談しましょう。

医療機関にかかる際には診断基準を意識して、幼少期・児童期のエピソードなども交えながら症状を説明すると、スムーズに伝わるでしょう。
その際、他の精神疾患を見逃してしまったり、誤診を防ぐためにも、事実をできるだけ正確に伝えることが大切です。

受診時にその場でうまく説明できる自信がない場合は、症状などを簡単に書き出したものを持参してもよいでしょう。箇条書き程度の簡単なもので十分です。私のように、長文で詳細に分析した“レポート”を持参すると引かれますので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました