解説

発達障がい全般

最近増えている大人の発達障がい【支援法】

2005年に、発達障がい支援法が施行され、アメリカなどの諸外国と比べて40年遅れに、やっと国をあげて発達障がい者を支援しようという法律ができました。 この法律により、発達障がいの早期発見、発達障がい者の自律および社会参加への支援が行われる...
治療

ストラテラのダイエット効果【痩せるって本当?】

ストラテラを飲むと「痩せる」「ダイエット効果がある」といったことがいわれることがありますので、今回は、私の経験談も踏まえてこの件に少し言及してみようと思います。 ストラテラにダイエット効果があるというのは本当なのか、また、ダイエット目的で...
発達障がい全般

ADHDと他の精神疾患の併存【うつ病、双極性障害、etc…】

ADHDには、うつ病や不安障がいなど、さまざまな精神疾患が併存するケースがよくあります。 このように併存する精神疾患は、ADHDから二次的に発病した二次障害と考えるべきなのか、あるいは両者が同時に発病したと考えるべきなのか、といった判断が...
ライフハック

ADHDの心理療法【認知のゆがみ改善】

ADHDの治療には大きく分けて、薬物療法と心理療法があります。根本にあるADHDの症状(不注意・多動・衝動性)については、薬物療法で治療するのが効果的です。 しかし、ADHDから二次的に発生した心理的影響で、自己評価の低下や不安、うつなど...
治療

ADHD薬物療法の実態【ストラテラ vs コンサータ】

ADHDの薬物治療で用いられている主な薬には、中枢神経刺激薬であるコンサータと、非刺激薬であるストラテラがあります。これらの薬の処方については、医師の方針や取扱いの可否、薬との相性などによって、どの薬が処方されるかが決まります。1つ目の薬が...
治療

ADHDの治療方法【薬物療法 vs 心理療法】

ADHDは、先天性の要因が強い発達障がいであるため、今のところ完全な「治癒」という概念は存在しないと考えられます。 しかし、世界的なADHDの研究者であるラッセル・バークレー博士によれば、ADHDはほかの精神疾患や発達障がいと比べ、有効な...
解説

【忘れ物が多い、片付けられない】ADHDならではの困りごと

ADHDの人には、落ち着きがなく忘れっぽかったり、整理整頓ができなかったりといった症状があります。 これらの症状のために、ADHDの人には日常生活において、あらゆる困りごとが起こってしまいます。 今回の記事では、ADHDの人が抱える日常...
解説

大人のADHDの症状

最近の研究では、大人になってもADHDの症状が残る可能性は約60%といわれています。 しかし、目に見える形での多動の症状はおさまってくることが多いようです。 これは、成人期においては、自身の特性を理解しているADHDの人は、不得意な状況...
解説

子どものADHD【どんな症状がある?】

ADHDの診断基準には、子どものときにADHDの症状が見られたかどうかが挙げられます。 子ども時代のADHDにはどのような症状や特徴があるのか、見ていきましょう。 乳児期・幼児期・児童期の症状 乳児期 ADHDは幼児期になるまで、気...
解説

ADHDは直らない?【予後】

ADHDは発達障がいの一つに分類され、生まれつきの障がいというイメージが強く、一生付き合っていかなければならないと思っている人も多いのではないでしょうか。 正確には、生まれつきの要因と環境要因が組み合わさってADHDの症状が発生しているの...