ADHD注意の障がいとは?【注意の3つの種類】

不注意 解説

ADHDはの主症状の一つに、不注意があります。
ADHDの不注意といえば、「忘れっぽい」「うっかりミス」といったイメージが強いですが、実は「注意」には3つの種類があり、3方向からADHDの人を悩ませているのです。どのような注意の種類があるのか、みていきましょう。

ADHDの不注意の問題

児童期の場合には、多動が目立ったり、衝動性による問題行動によりADHDが発覚することがあります。

一方で、児童期に多動がみられず(あるいは目立たず)、大人になってから職業上のストレスや社会的なストレスがきっかけで不注意の問題が明らかになることがあります。

学生時代は、家族や友人などの周囲の配慮や、本人自身の努力や工夫によって、不注意の症状をある程度は抑えられ、それなりに適応できていたのでしょう。

しかし、社会人になって、ストレスやプレッシャーがこれまで以上に大きくなることで、仕事や生活において適応できなくなってしまいます。
そして、「ケアレスミスが多い」「だらしない」「指示をすぐに忘れる」などといった印象を持たれ、本来は能力があるにも関わらず、「仕事ができない人」というレッテルを貼られてしまいがちです。

ADHDの人は、注意力がないのではなく、退屈な作業や義務的な作業に対して、集中して取り組むことができず、別のことに注意が向いてしまいます。

一方、興味のあることに関しては、むしろ過剰な集中力を見せることがあり、時間も忘れるほどに没頭してしまいます。

【ADHDのメリット!?】ADHDの過集中(ハイパーフォーカス)
ADHDやASDは「過集中」という症状をもっていることがあります。 集中できるんだったらいいじゃん!特に注意力散漫なADHDにとって過集中はむしろメリットでは? と思う方もいるかと思いますが、必ずしもそうではないようです。 今回はADHD...

3つの「注意」の問題

また、注意にもいくつかの種類があり、ADHDには以下の3つの注意の問題が見られます。

  • 「持続性」・・・特定のことに注意を持続させること
  • 「分配性」・・・周囲のさまざまなことに注意を配分すること
  • 「転換性」・・・必要に応じて注意の対象を切り替えること

①の「持続性」や②の「分配性」の問題については、「忘れっぽい」「うっかりミスをする」といったイメージの通りで、よく知られているかと思います。

ADHDにおいては③の「転換性」についても、しばしば問題となります。「転換性」とは、マルチタスクを行うことが苦手であったり、作業中に声を掛けられたり割り込まれたりすると混乱してしまうなどです。

ADHDは注意の”切り替え”が苦手

切り替え

ADHDの人は、あることに注意をしていても、別の刺激が入ってくると、最初の事柄を忘れてしまうことが多いです。

さらに、現在行っていることと無関係な音や目に入る物体に気をとられ、そちらに注意が向く傾向がみられます。

また、一旦集中すると他のことに手がつかず行動を切り替えられなかったり、感情の切り替えがうまくできずに、嫌なことやネガティブな記憶を無意識に何度も思い出してしまいます。

ここで、ネガティブな記憶を繰り返し考えてしまうことを心理学用語で「反芻(はんすう)思考」といいます。
反芻思考は、うつ病やその他の発達障がいにも見られる症状で、ADHDとこれらの精神障がいの相互関連性をうかがわせるものともいえます。

また、反芻思考による「思考のグルグル」で脳のエネルギー消費が多くなり、精神的に疲弊しやすくなってしまいます。

ADHDの人が疲れやすいのは、多動による疲れに加えて、反芻思考による疲れの要因も大きいのではないでしょうか。

疲れる → 他のことに注意を向けられない → ミスをする → 落ち込む(反芻思考) → 疲れる

といった悪循環に陥ってしまい、より症状を悪化させているという側面もあるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました