大人のADHDの症状

大人のADHD 解説

最近の研究では、大人になってもADHDの症状が残る可能性は約60%といわれています。
しかし、目に見える形での多動の症状はおさまってくることが多いようです。

これは、成人期においては、自身の特性を理解しているADHDの人は、不得意な状況に対して、自分なりの工夫や対策を講じることで、ある程度症状をコントロールすることができるようになるためです。

大人のADHDにはどのような特徴や症状があるのか、また、子どものADHDと比べてどのような症状の変化があるのか、みていきましょう。

大人のADHDの特徴

大人のADHDにおいても、不注意の症状は基本的には継続してあらわれ、忘れっぽさや集中力不足、仕事の約束を守れないといったことが多くみられます。

その結果として、対人関係が苦手となり、そのような状況を自ら避けるようになりがちです。
そして、本来は能力はあるにも関わらず「信頼できない」「あてにできない」などと否定的に評価されやすく、そのようなストレスからうつ状態などの二次障がいを発症してしまうこともあります。

このように、ADHDにおいては、不安障がいや気分障がいなどの他の精神障がいを併発することが多くありますが、他の精神障がいとの区別が難しいこともあり、ADHDが見逃されて正しい診断がなされないために、適切な治療を受けていないこともしばしばあります。

大人のADHDで問題となる具体的な例として、以下のようなことがあります。

  • かばんや財布を頻繁に置き忘れる
  • 鍵や携帯電話をすぐに無くしてしまう
  • 外出中に混乱し、現在地や目的地の場所が分からなくなる
  • 服の着こなし方が不自然であったり、靴下が左右揃っていなかったりする
  • 片付けができず、部屋や会社のデスク周りに物が積み上げられている
  • 段取りを立てるのが苦手(炊事や育児が苦手、など)
  • 業務に無関係なことに関心が向いてしまい、肝心の業務がなかなか進まない

子どもの頃に目立った多動の症状は、成人すると落ち着いてくることが多いようです。
その一方で、不注意や不器用さという面では、成人期においても基本的に子どもの頃のままの症状が継続し、なおかつ社会人になると求められる能力や責任の度合いが大きくなるために、ADHDの症状が問題になりやすい傾向があります。

また、実は子どもの頃からADHDの症状があったにも関わらず、本人の努力や両親や周囲のサポートのおかげで症状が目立たなかったために大きな問題にはならずに、そのまま成人するケースもあります。
大人になってからは、周囲のサポートなしで自分であらゆることをこなさなければならなくなりますが、それに適応できないことによってはじめてADHDが発覚するケースもあります。

日常生活、職場、学校での問題

ADHD 日常生活 職場 学校

大人のADHDにおいて、日常生活や学校で問題となりやすい点として、以下のようなものがあります。

職場や学校

  • 落ち着かずにそわそわする
  • 貧乏ゆすり、指を机で叩くことなどがやめられない
  • 不用意な発言が目立ち、思ったことをすぐに言動に移す
  • 集中できない、ケアレスミスが多い
  • ものをなくす、忘れる
  • 締め切りを守れない、段取りが下手で完結できない

家庭生活

  • 別のことに気を取られ家事がおそろかになる、家事の効率が悪い
  • 衝動買い、金銭管理が苦手
  • 部屋が片付けられない
  • 朝起きられない、外出の準備が間に合わない

対人関係

  • おしゃべりがとまらない、自分のことばかり話す
  • 衝動的な発言、つい叱責してしまう
  • 約束を守れない、約束を忘れる
  • 集中して話を聴けない
  • 映画館やレストランで落ち着きがない

対人関係について、ADHDの人は、元々人懐っこく、周囲に溶け込むことを苦手としていないことが多いです。
しかし、思春期以降、対人関係においても不注意なミスを重ねるうちに、関係を損なうことが多いようです。

また、上記に加え、ADHDでしばしばみられる社会生活上の問題として、アルコールや薬物に依存しやすいことや、ギャンブルにのめりこみやすいことが挙げられます。
また、金銭管理が苦手なことが多かったり、不注意が原因で交通事故を起こす頻度が高いので注意が必要です。

大人の症状と子供の症状の比較

大人のADHD 子どものADHD

大人になると、子どものころの症状とやや変化が見られます。
これは、本人なりに社会生活に適用しようと努力した結果、大人になると症状が直接的な形であらわれることが少なくなるからと考えられます。

ADHDの子どもの症状と大人の症状を比較すると、おおむね以下のような変化になります。
子どもの症状が、大人になってからも、まったくそのままの形であらわれることもあります。

多動性

  • 落ち着いて座っていられない、過度におしゃべりをする
     ⇒内的な落ち着きのなさ
  • 動き回ったり、体をそわそわ動かす
     ⇒貧乏ゆすりなど、目的のない動き

衝動性

  • 順番を待てない、うっかり答えを口に出す
     ⇒思ったことをすぐに言ってしまう
  • 他人に口を挟んだり、邪魔をする
     ⇒短気、衝動買い、喫煙・カフェイン摂取、リスクのある性行動

不注意

  • ケアレスミスが多い、注意を持続するのが困難
     ⇒大人になると、気が散りやすく、忘れっぽく
  • 人の話を聞かない、整理整頓ができない、物をよくなくす
     ⇒仕事などでケアレスミスをする、忘れ物・なくし物が多い、約束や期限を守れない、時間管理が苦手、順序だてて作業するのが苦手、混乱しやすい

上記からも、大人のADHDでは、衝動性や不注意の面で大きな問題となりやすいといえるでしょう。
また、社会生活や仕事をする上でも、これらの問題は常につきまとい、周囲に与える影響も子どもの頃と比べて格段に大きなものとなります。

大人のADHDの症状に悩んでいる場合は、まずは専門家に相談し、アドバイスを得ながら、薬物治療による症状の緩和や環境面の調整・工夫を検討しましょう。

タイトルとURLをコピーしました