ADHDと他の精神疾患の併存【うつ病、双極性障害、etc…】

ADHDと他の精神疾患 発達障がい全般

ADHDには、うつ病や不安障がいなど、さまざまな精神疾患が併存するケースがよくあります。
このように併存する精神疾患は、ADHDから二次的に発病した二次障害と考えるべきなのか、あるいは両者が同時に発病したと考えるべきなのか、といった判断が難しい場合が多いようです。

また、うつ病などの他の精神疾患の症状が強かったために、ベースとして存在するADHDが見逃されてしまうケースもあります。
本記事では、ADHDと併存することが多い精神疾患の種類について説明します。

ADHDと併存する主な精神疾患

アメリカでの調査では、ADHDにはうつ病や双極性障がいなどの気分障がいが38.3%、パニック障がいなどの不安障がいが47.1%、薬物依存・アルコール依存などの物質使用障がいが15.2%の率で併存することが報告されており、高確率で他の精神疾患との合併がみられることがわかっています。

ADHDと併存する主な精神疾患には次のようなものがあります。

うつ病

憂うつな気分と意欲の障がいであり、身体的な症状として、全身の疲労感、睡眠障害、食欲不振などがみられることもあります。

そのほかの症状として、不安によるパニック発作、妄想・幻覚などのさまざまな症状があらわれることがあります。

重症のケースでは、入院治療が必要となり、自殺のリスクが高い場合や、食欲不振による栄養失調、ひどい妄想・幻覚があるケースなどです。

ADHDにおいては、仕事の不注意やパフォーマンスの低下による職場での非難や叱責や生活上の人間関係などのトラブルなどによるストレスが原因となり、うつ病になってしまう場合が多いです。

双極性障がい(躁うつ病)

うつ病が「うつ状態」を基本状態とするのに対し、双極性障がいは「うつ状態」と「躁(そう)状態」を交互に繰り返す疾患です。

躁状態では、気分が爽快で楽しく、寝なくても活動できるような高揚状態になります。
また、早口になったり、よくしゃべったり、考えや計画が次々とわいて出てくることもあります。

躁状態は一見は元気になったように見えますが、気が大きくなってしまうためか、行動面での問題が発生しやすいです。

例えば、後先考えず高額な買い物や投資をして多額の借金を作ったり、高額なマンションを契約してしまったりなどです。
ADHDでは、感情面での不安定さを示すことが多く、この点で双極性障がいの症状と似ています。

特に、ADHDの「衝動性」と双極性障がいの躁状態における「高揚状態」の類似性が大きいため、両者の区別がつきにくく、正しい診断に行き着かないこともあります。

統合失調症

幻覚・幻聴、妄想といった症状を特徴とする疾患です。
誰もそばにいないのに人の声が聞こえ、そしてそれが自分を批判するような幻聴であることが多く、幻聴と会話して独り言を言ったり、にやにや笑ったりといったこともみられます。

また、統合失調症の妄想においては、明らかに誤った内容を信じ込んでしまうなど、被害妄想的な内容が多く、「街ですれ違う人が自分を監視している」「職場に行くとみんなが自分を見てうわさ話をしている」といった内容を訴えるケースが多いようです。

このような誇大妄想がみられる場合、人格的なくずれを伴っていることが多く、社会生活が困難となるケースが多いです。

ADHDにおいても、統合失調症に似た幻聴や被害妄想がみられるケースがあり、そのような場合にADHDが見逃されて統合失調症と診断されるケースもみられます。

境界性パーソナリティ障がい

感情面で不安定で動揺しやすく、うつ状態になりやすい障がいです。
対人関係も安定しないことが多く、心理的に他者に過度に依存するかと思うと、急に攻撃的になることもあります。

自傷行為や自殺企図が多くみられる一方、死亡するリスクの大きい自殺未遂をすることはまれです。

他にも、暴力行為やアルコール・薬物の乱用などの問題行動、しばしばみられます。

ADHDの症状にも、衝動的な行動や感情面の不安定さがみられるなど、境界性パーソナリティと類似する症状が多く、特に、多動性や注意障害が見逃されたケースにおいては、ADHDは境界性パーソナリティ障がいと誤診されることがあります。

まとめ

下の図は、ADHDと一般(ADHDでない人)の人とで精神疾患にかかる確率を調べた結果です。
ADHDは一般と比べて、ほかの精神疾患にかかる可能性がきわめて高いことがわかります。

ADHDであれば、必ず一度は二次障害としてほかの精神疾患の合併を経験する、といっても過言ではない率だと思いますし、同時に複数種類を合併する可能性の高さ予見させる率ともいえるのではないでしょうか。

症状の程度にもよりますが、これほどの高確率で精神の問題を抱えやすいことからも、未治療のADHDの人が「一般の人」と同じような環境に適応することは、絶望的といえるほど難しいのではないかと考えます。
なるべく早く本人や周囲がADHDの存在と厄介さに気づき、治療や環境調整を行うなど、改善に向けた行動をとることで、悲劇的な結果を予防し、本人の生活の質を向上させることが望まれます。

ADHDと一般における精神疾患の罹患率

ADHDは、本記事で挙げた精神疾患以外にも、さまざまな疾患と合併することがあります。
また、ASDなどの他の発達障がいを合併して発症することも多くみられます。
そのため、これらの精神疾患・発達障がいとADHDの鑑別が難しく、ADHDと合併している疾患が見逃されたり、そもそもADHD自体が見逃されたり、といったケースもめずらしくありません。

正しい診断と治療を受けるためには、患者自身においても可能な範囲で病気に関する情報を収集し、得た情報と自身の症状と照らし合わせながら、病状をなるべく正確に医師へ伝えられるように心がけることが大切ではないでしょうか。

ADHDと他の発達障がいの関係については、別の記事にまとめようと思います。

タイトルとURLをコピーしました